同名の「いちこし」さんでお買いになられた和服のご相談、承ります。 | 着物・貸衣装・レンタルなら岡崎の「いちこし」へ。

呉服のいちこし

0564-22-3259

ブログ

同名の「いちこし」さんでお買いになられた和服のご相談、承ります。

ご紹介 2020年3月12日

Vol.1123

 

 

 

本日は、「同名の「いちこし」さんで

お買いになられた和服のご相談、承ります。」です。

 

 

 

岡崎市の呉服屋、呉服のいちこし。

 

 

 

最適な和装で笑顔あふれるご提案!

貴方の和装・お助けマン

山脇寿人です。

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

 

 

今朝の中日新聞に

「災害死者の氏名公表を」と言う

見出しで記事が載っていました。

 

 

 

 

これは、災害時に死者や安否不明者の

氏名を公表しない自治体が

相次いでいる事を受け日本新聞協会が

氏名を公表する様、国に求めた。との事。

 

 

 

近年の過剰な個人情報保護意識の

高まりから公表しない例があります。

 

 

 

ですが、安否不明者の氏名を

早い段階で公表して効率的な

捜索に役立った例もある様です。

 

 

 

安否情報を公表した個人の安否が

分かればその方は捜索対象から

外れるので他の方に注力出来ます。

 

 

 

たまたま、同姓同名の方が

いれば別ですがね。

 

 

 

この同姓同名、自分と同じ人が

存在するか調べた人は約40%。

 

 

で、実際に同姓同名の方と

会ったことのある人は約15%。

以外の多いと思いました。

 

 

 

 

同名で困る事があります。

当店の屋号「呉服のいちこし」、

20年ほど前に「呉服の一越」から

改名しました。

 

 

 

その頃から県外の関東地方の

お方様より問い合わせが

来るようになりました。

 

 

先日も当店ホームページの

お問い合わせからこんな

メールが届きました。

 

 

お名前:
○○礼子

ふりがな:
○○○○れいこ

メールアドレス:
○○○○○○@topaz.plala.or.jp

お電話番号:
090○○○○○○○○

住所:
富士宮市○○○○○○○○
お問い合わせ内容:
こんにちは。私はかなり前になりますが
貴社が当地ホテルで展示即売会を開催。
いずれ使用するだろうとものの良しあしも
わからず一人で将来投資のつもりで購入し一度使用後、
きもの染み抜きクリーニングに出し確認もせず
そのままタンスにしまい込んで今回使用に当たり、
しみ取れておらず茶色いしみあり 
びっくりしてどうしていいのやら困っています。
着物を見てもらってどのようにいたらいいのか?
アドバイスをいただきたいです。

また修復直し等はどれだけの費用がかかるのか?
見積をお願いしたいのですがどうでしょうか?
どのような方法がいいのか。

メール、または電話連絡をもらいたいのですが
よろしくお願いします。
仕事で固定電話18時以降で応答できます。
0544-○○○○○○
----------------------------------------
----------------------------------------

このメールは いちこし (http://www.ichikoshi.com/) の
お問い合わせフォームから送信されました

 

 

 

2~3年に一度くらいに

同様のお電話かメールを

いただきます。

 

 

これ、今はもう存在しない

「いちこし」さんという

呉服チェーン店でお買い物を

された方ばかりです。

 

 

 

数店舗あるチェーン店でしたので

自社で染め出しを品物を

販売していた様です。

 

 

一般論ですが、同じ様な柄行でも

自社で染め出しすると

手を抜いたり、品質を

落としたりする事が出来ます。

 

 

 

そして利幅を稼ぐことが

出来るのです。

 

 

 

「いちこし」さんがそんな事を

していたかは、分かりませんが、

想像は出来ます。

 

 

 

で、先程の様なお問い合わせを

いただくとこの様にお答えします。

 

 

こんにちは、○○様。

ご連絡、ありがとうございます。

呉服のいちこし 山脇寿人(やまわきひさと)です。

 

 

当店は、愛知県岡崎市にて今年で

創業99年を迎える呉服屋です。

 

 

99年間で県外にて催事を行った事はなく、

ご当地に伺った事もありません。

 

 

これは、20年ほど前より2~3年に一度ある

同名の呉服店の催事でご購入された方よりの

ご相談と全く同じです。

 

 

その呉服屋さんは、今はありませんので

どのお方にもお伝えしている事は

地元のデパートさんか、信用できる

呉服専門店さんにご相談される事を

お勧めしています。

 

 

きっと、親切に対処法を

教えていただける事と思います。

 

 

間違ってもモールなどに入居している

呉服チェーン店は、お避け下さいませ。

 

 

着物がきれいになってお召しに

なられる事を願いつつ、失礼いたします。  山脇

 

 

この様にお返事するしかなく

ご納得いただいています。

 

 

 

今、インターネットを

誰でもが使える時代

それでも地元の信頼される

専門店にならなければと

思わずにはいられません。

 

 

 

ですので、当店は発信し続けます。

同名の呉服店でお買いになられた

和服でのご相談も承ります。

 

 

 

 

本日もお読みいただき

誠にありがとうございました。

記事一覧に戻る

先頭へ

Copyright (C) ICHIKOSHI All Rights Reserved.