本場結城紬160亀甲をご紹介させて下さい! | 着物・貸衣装・レンタルなら岡崎の「いちこし」へ。

呉服のいちこし

0564-22-3259

ブログ

本場結城紬160亀甲をご紹介させて下さい!

ご紹介 2017年8月23日

呉服のいちこしの山脇寿人です。ご訪問ありがとうございます。

本日は、本場結城紬160亀甲をご紹介させて下さい!です。

本場結城紬の一番の特徴は、真綿から手でつむぎだす糸にあります。

真綿は、蚕の繭を煮て柔らかくして広げたもので、やわらかく、空気をたくさん含むために

温かく、とても心地良く優しい素材です。この真綿から人の手で糸をつむぎ出すことで、

素材の良さを損なわない、最上質の糸ができあがります。

日本全国に数ある紬の中でも、縦糸・横糸の両方に手つむぎ糸を使うのは

本場結城紬だけです。これが、本場結城紬が最高峰の絹織物とされる由縁です。

以上奥順株式会社H.P.より。

本場結城紬は、亀甲を織りながら柄を表現していきます。

反物の幅は決まっていますので、その横幅に80個亀甲を並べて柄を作るのか

100個亀甲を並べて作るのかは、当然100個亀甲を並べて柄を作る方が手間が掛ります。

又お値段は、柄いきでは決まりません。出来上がるまでの工程の手間でお値段が大体決まります。

ですので、80細工亀甲ならこれ位100細工亀甲ならこれ位と、ある程度は分かります。

最盛期は、30000反以上生産されていましたが、現在は2000反に激減しています。

画像の本場結城紬は、男物の160亀甲です。

現在、日本に4反しか存在しない内の2反が当店にあります。

今後生産される可能性が、低いので大変貴重な反物です。

ご興味ある方は、お早めにお越し下さいませ。

記事一覧に戻る

先頭へ

Copyright (C) ICHIKOSHI All Rights Reserved.